任意整理 仙台 デメリット

まずは安心納得の無料相談にお越しください。親身に対応させていただきます。フリーダイヤル0120-489-022

デメリット

考え方にもよりますが、下記のようなデメリットがあります。

  • ブラックリストに載りますので、5年間(と言われています)は借金ができなくなります。
  • 原則的に元本の減額はできません。これに対して、個人再生では元本の減額が可能です。
  • 任意整理が法律に明文で規定されているわけではなく、業者が任意整理に応じる法的義務はありません。

ブラックリスト

他の債務整理手続と同様、任意整理もブラックリスト扱いになってしまいます。

情報が登録する期間は5年と言われています。

元本の減額ができない

任意整理によって借金を減らせるのは、払い過ぎた利息を元本に充当した結果です。

払い過ぎた利息がない場合、借金を減額させることはできません。

自己破産や個人再生によって借金を半強制的に消滅・減額させることができることと比較すれば、この点はデメリットと言えるかもしれません。

なお、一括払いをする場合や、早期に分割返済を始める場合には、貸金業者が元本の減額に応じることもあります。

全貸金業者の同意が必要

自己破産には「破産法」、個人再生には「民事再生法」という法律があり、それぞれに手続が規定されています。

自己破産や個人再生では、債権者の協力がなくとも自動的に手続が進んでいきます。

これに対して、「任意整理法」という法律はありません。

そのため、やり方に決まった方式はなく、貸金業者が協力する義務もありません。

それでも多くの貸金業者は任意整理に協力しますが、一部には、「利息カット不能、分割払い不能」という貸金業者も存在します。

他の債権者が全て同意しても、特定の一社が一括払いをしつこく要求する場合、任意整理はできません。

この点は、ケースによっては大きなデメリットと言えます。

無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
司法書士 坂田英輝
無料面接相談では私たちが対応させていただきます。
仙台・宮城の債務整理ガイドなら初めての相続手続でも安心!どんなことがご不安ですか?知りたい3つを今すぐ解決!
知りたい不安その1 相続手続の料金を知りたい!
知りたい不安その2 どんなスタッフが対応してくれるか知りたい!
知りたいその3 面接相談の様子が知りたい!

事務所写真

ページの先頭に戻る